漆と暮らす

自然の流れに合わせて、漆と共に、家族と共に暮らす日々の記録です。

urujyuは漆作家清水愛が、漆を使う文化、漆の技術、国産の漆の三つの漆の文化を未来につなげたいと2015年立ち上げたブランドです。金継ぎを通じて漆の文化を広めるとともに、2020年には京都の美しい里山、美山町に移り住み、休耕地を活用した漆植林を始めました。
漆を育てる暮らしを初めて感じたことは、国産漆の不足の原因は、単に漆の木が不足していることではなくて、漆を含め工芸の材料や道具が生まれる日本の里山の「工芸の生まれる暮らし」の文化が失われてしまったこと。そして、それはもう戻らないこと。だから、今から新しくその暮らしを作るなら、どういう暮らし方になるだろう?自らの問いの答えを探しながら実験の日々を過ごしています。